きーこの結婚奮闘記

ドレス選び① 値札を隠して登場する素敵なドレス

time 2018/01/18

やっとこさ結婚式のメインともいえるドレス決めです。
行ってきたのは式場の提携しているドレスレンタルショップ。

私の契約した式場は2社あったのですが、価格安めのレンタルが多いと聞いたほうに予約してきました。
ですが、割と予約が取れない。
平日でも選べない日が多く、土日は前の週に予約しても取れませんでした。
ドレス選びに時間かかって青くんを待たせてしまうのも申し訳なかったので、最初は母親と二人で行くことに。

お店につくと笑顔で迎えてくれるフィッターさんたち。
私の専属にフィッターさん1人つきっきりになってくださった。
どうやら予約が取りづらい原因はフィッターさんが1組につき必ず1人付く制度になっているからのようです。
店舗大きくても人足りてないと予約が取れないですもんね。
更に今日ついてくださったフィッターさんは今日だけでなく、結婚式当日まで私たちの専属でいてくださるようで、当日の着付けまでしてくださるそうです。
同じ店舗で再度フィッティングをする際も、今日ついてくれたフィッターさんが担当してくれる。
凄い、なんて行き届いたサービス!
正直そこまでして貰わなくて大丈夫なので、1割くらい安くしてほしい(笑)
だって実際、ヘアセットやメイクならともかく(この2つは流石に打ち合わせした人と同じ人がしてほしい)、ドレスなんて誰が着せても一緒じゃないですか?
プロの方に着せてもらえるならだれでもいいよ…
なんてフィッターさんは私たちの着付けのために来年の結婚式の日今から開けていてくれるんだから、そんなこと言えないけどさ…
そうして納得のいかない付加価値を有無を言わせずつけられて、対価を請求される。
そう、それが、THE結婚式。

sponsored link

ドレス選びの流れ

お店につくと最初に簡単なカウンセリングと採寸を受けます。
カウンセリングでは結婚式のイメージや着たいドレスの形を聞かれます。
私がこの日行った店舗はドレスが全部展示されておらず、要望に近いドレスを持ってきて貰う形式でした。
私はウエディングドレスはAラインかプリンセスラインで、カラードレスはとにかく黄色いドレスを片っ端から持ってきてもらうようお願いしました。

このドレス選びで私は闇を見ます。
フィッターさんがドレスを持ってきてくださる。
4着くらい持ってきてくださって、
【フィッターさん】この中のイメージで生地とか、気に入るポイントをお伝え頂ければ、それに近いものをまた持って参ります。
この中だとどれがお好きですか?
と、1着ずつこれは着るとビーズが光って、とか、これはサテンの生地でとか、刺繍が透けてて…と説明をしてくださる。
素敵なドレスばかりで、どれにしようかと目を光らせて聞いていて、ふと思う。
値段は?!
値段を聞いてみると、どれも30万円代。
【フィッターさん】 すみません、大体平均の価格帯がこのラインだったので…
結婚式場の平均、相場は当てにしていない!
ブライダルフェアで見積り作ったときに、プランナーさんからドレスは10万円台からあると聞き、その金額で選ぶつもりでいた私は驚愕。
金額の考慮一切なし。
いやいやいやいや寧ろ一番大事じゃないですかそこ。
最初に夢を見せて、相場こんなもんだよと選ばせる、やり方が上手い。。。。

ドレス選びの出鼻を完全に挫かれました。

 

つづく

 

次の記事
ドレス選び② 安いドレスに普通のドレスはない。

前の記事
結婚式打ち合わせ① 結婚式初打ち合わせ

 

ぽちっと押してくださるとうれしいです↓

sponsored link


プロポーズまでの話、漫画になりました!
noteで100円で公開しています。
冒頭試し読みもあります!気になる方はこちら

プロフィール

古川 きいろこ

古川 きいろこ

◆漫画イラストレーター ◆兵庫県出身・神奈川県在住 ◆Twitter ID:@kiirokochan_ 関西から上京し、大手メーカーに営業職で就職後、フリーの漫画イラストレーターとして独立。 可愛い絵柄や、少女漫画タッチがメインですが、青年向けギャグタッチも得意。 宜しくお願いいたします。



sponsored link